【お茶を愉しむ】種類豊富で美味しいお茶の世界を知る

本格的に楽しみたいなら揃えたい!可愛くて美しい紅茶の道具

インスタントコーヒーも手軽で美味しいものがたくさんありますが、やっぱりコーヒー豆を選んで、自分で挽いて淹れたコーヒーのほうが何倍も美味しいコーヒーになりますよね。

紅茶も同じで、茶葉を選んで分茶葉の分量やお湯の量などを自分で調節したほうが、断然美味しい紅茶になります。

自分好みの美味しい紅茶が飲みたいというひとは、紅茶を淹れるための道具や食器などを揃えてみてはいかがでしょうか。

紅茶が好き、というひとでも普段はマグカップを使って飲んでいるひとも少なからずいますよね。とくにコーヒーも紅茶も両方とも好きという場合には兼用できて便利ですが、本格的に道具を揃えてオシャレなティータイムを楽しめるのも紅茶の醍醐味です。

紅茶を飲むときに必要な道具は、ティーカップにそれを受けるソーサー、ティーポット、ティーストレーナー、ティーコジーなどです。

ティーカップは言わずもがなですが、紅茶を飲むときに使う食器です。マグカップよりも広口なので、紅茶特有の紅い色と香りを楽しめます。

さまざまなデザインのものがあり、とても美しいですが、カップの内側は白いものを選んだほうが紅茶の綺麗な紅い色をよりいっそう引き立てることができます。とくに紅茶は色合いと香りを楽しむお茶なので、カップに関してはこだわりたいポイントですね。

そして、紅茶を淹れるときに欠かせないのがティーポットです。こちらもさまざまな形状のものがありますが、丸い形のものがおすすめです。

紅茶の茶葉が、お湯を入れたポットの中で浮き沈みすることを「ジャンピング」と呼ぶのですが、丸型のポットだとそれが起こりやすく、味わい豊かな紅茶を淹れることができます。

ティーポットで紅茶を淹れるときに必要になるのが、ティーストレーナーです。これは茶こしのことで、ポットからカップへ紅茶をそそぐときに使います。

茶葉がカップに入らないようにするために使うもので、手で持って使うタイプとティーパックのようにポットの中に入れて使うタイプがあります。自分が使いやすいものを選びましょう。

とくに寒い季節に必要なのがティーコジーです。これはティーポットにかぶせてお湯の温度を下げないために使うものです。紅茶の抽出にはお湯の温度も重要なので、コジーも美味しい紅茶を楽しむためには欠かせません。

他にも、茶葉の量を量るのに使うためのティースプーンや茶葉の抽出時間を計るときに使う砂時計などは欠かせない道具と言えるでしょう。ちなみにティースプーン山盛り一杯で、茶葉の量は約3gです。

また、お湯を沸かすやかんもこだわりたいもののひとつで、鉄でできたやかんは紅茶の色に影響を与えるので避けたほうが良いです。茶葉を保存しておくときに便利な紅茶缶は、陶磁器でできているものがおすすめです。

美味しい紅茶を淹れるために欠かせない道具ですがセットで食器を揃えると見た目にも華やかで楽しいティータイムを演出できます。

セットで揃えたときに必要になるのが、ティーポット、ティーカップ、ソーサー、ミルクピッチャー、シュガーポットの5点で、これでひと組という扱いになります。

他にも、デザートに使うためのお皿などがセットになることもあるので、紅茶を飲むときに用意するものや好きな素材などで選ぶのも素敵です。一番は自身が紅茶を飲むときに使いやすいものがおすすめです。

セットで揃えると柄やデザインなどが統一されているので、テーブルに並べたときにとても見栄えが良くなります。友達やお客様をもてなすときにも便利ですね。

楽しいティータイムには可愛くて美しい空間づくりも大事です。使いやすくて自分に合った道具を揃えて美味しい紅茶を飲みましょう。