【お茶を愉しむ】種類豊富で美味しいお茶の世界を知る

美味しいお茶にはお菓子がつきもの!見た目にもかわいいお茶うけ

仕事や家事の合間に少し休憩したいとき、すべての仕事が終わってほっとしたいときなど、お茶の飲むタイミングはいろいろあります。

その中でも友達と会ったり家族の団欒のときにするお茶は格別に美味しいですよね。そして美味しいお茶に美味しいお菓子があったらさらに嬉しいものです。

お茶を飲むときに添えるお菓子のことを「お茶うけ」といいます。

ここでは、「お茶」と「お茶うけ」のいろいろな組み合わせをご紹介しましょう。日本茶には和菓子、紅茶には洋菓子と決めつけていませんか?

まずは洋菓子に合うお茶です。

紅茶のお茶うけの定番はショートケーキやクッキーなど軽めのお菓子ですね。このようなお菓子にはミルクや砂糖などを入れずに飲むストレートティーが合います。また、日本茶なら浅煎りのほうじ茶が合います。

同じケーキでもショートケーキより濃厚な味を持つチーズケーキにはミルクティーがよく合うのでおすすめしたい組み合わせ。日本茶なら釜炒り玉緑茶が良いでしょう。

お茶とタルトの組み合わせも美味しいです。

果物が入っていることが多いタルトはフルーツの味が美味しいケーキです。フルーツの甘酸っぱさに合うのは茎ほうじ茶がぴったりです。またジャスミン茶や黄山毛峰茶の中国茶との組み合わせもおすすめします。

アップルティーには、アップルパイをお茶うけにしてみても良いと思います。日本茶なら茎茶がおすすめです。中国茶ならパイには凍頂烏龍茶が合うでしょう。

またお酒のおつまみとしても定番のチョコレートやチーズには、紅茶なら香りの高い茶葉を選ぶと相性抜群です。とくにチーズにはラプサンスーチョンが合います。

日本茶はチョコレートなら、抹茶がよく合うでしょう。抹茶のチョコレート菓子はよく見かける抹茶菓子の定番ですよね。抹茶ならアイスクリームやケーキとも相性がいいお茶ですよ。

つぎは日本茶しか合わないと思われがちの和菓子。

確かに京番茶を飲むときにベストなお茶うけはおまんじゅうです。でも、おまんじゅうのようなあんこが入ってるお菓子には香りの深い紅茶も合います。もちろん、煎茶にお煎餅という日本茶に和菓子というのも、定番ですがとても美味しくいただけます。

もちろん和菓子は中国茶のお茶うけにもむいています。月餅などにはプーアル茶や香ばしいウーロン茶などが美味しい組み合わせです。

和菓子や洋菓子も、もちろん合いますが中国茶はやはり中国で食べられているものがお茶うけにはぴったりです。

中国でもお茶うけとして、よく食べられているのはかぼちゃの種や、茶梅という梅を砂糖に漬けたもの、イチジクを乾燥させて作った干しイチジクなどです。

紅茶や日本茶と違って中国茶のお茶うけは野菜の種やドライフルーツなど、シンプルなものが多いのが特徴です。

洋菓子や和菓子とは少し違いますが、ビールなんかによく合うナッツ類もお茶のおともになります。紅茶の場合はミルクティーにナッツを入れるという飲み方もあるくらいなんですよ。

お茶とお菓子の組み合わせの基本は、シンプルかつ繊細な味わいを持つお茶には軽めの味を持つお菓子が良く、濃厚な旨味を持つお茶には、しっとりとした重みのあるお菓子が合います。

いつも決まったお茶と決まったお菓子の組み合わせというのも悪くはありませんが、たまには違った組み合わせを楽しんでみてはどうでしょう。新しい発見があるかもしれません。

深みのある味と豊かな香りで日々の疲れを癒したり、大切なひとと過ごす時間を楽しいものにしてくれる、いろいろなお茶。

洋菓子のケーキや和菓子のおまんじゅうなど、見た目もかわいく美味しい一皿を添えるだけでお茶の時間がいつも以上に楽しい時間になりますよ。