【お茶を愉しむ】種類豊富で美味しいお茶の世界を知る

自分好みを追求したいアナタに贈る銘柄豊富な「お茶」のブランド

いろいろなお茶をもっと楽しみたいひとに「お茶」のブランドやお店をご紹介しましょう。

主に紅茶のブランドですが、紅茶以外の茶葉も買えるお店もあります。コンビニやスーパーでも気軽に買えるような身近なものはもちろん、変わった茶葉が手に入るお店やもあります。

日本にある紅茶のブランドで思い浮かべるひとが多いだろうブランドと言えば「日東紅茶」ですよね。

日本の紅茶のブランドとして長い歴史を持っていて、その始まりは1927年。海外から茶葉を直に輸入してブレンドしている紅茶。買いやすくて親しみやすいのが魅力のひとつです。

もうひとつ日本の紅茶ブランドとして有名なのが「神戸紅茶」。

その名前の通り、神戸で生まれたブランドで、国内で初めてティーバッグを作った会社なのだとか。日本の軟らかな水の質に合わせた茶葉のブレンドで、初心者でも納得の美味しさを味わえる紅茶です。

ダージリンが好きなひとにおすすめしたいのが「リーフル」というブランドです。季節や農園の違いなど、いろいろな紅茶の茶葉を取り揃えている紅茶専門店です。紅茶のお店としては新しめのお店です

「マリアージュフレール」はフランスで、もっとも古い紅茶の専門店で1854年に創業したお店です。珍しい産地の茶葉を売っているのが特徴で、バングラデシュやタイのお茶もここで買えるのだとか。機会があれば試してみたいですね。

フレーバーティーを扱うブランドとして人気が高いのは「フォション」です。数あるフレーバーティーの中でもアップルティーが一番の人気。全国にある有名な百貨店などで買えます。

紅茶の本場イギリスのお店がいいというひとは「ハロッズ」の紅茶はいかがですか。高級老舗百貨店の紅茶は、紅茶好きさんたちの心を掴み、誕生日などの贈り物にするひともいるそうです。

セイロンティーをはじめとしたスリランカの紅茶にこだわりたいひとには「ディンブラ」というお店もあります。紅茶研究家として有名な磯淵猛さんがオーナーをしている専門店です。

全国の有名百貨店などで手に入り、尚且つ高級感あふれる紅茶が欲しいひとには「メルローズ」はいかがでしょうか。1812年にスコットランドで創業した老舗の紅茶ブランドです。陶器製の器がとってもおしゃれなのでプレゼントにもおすすめです。

そして当時のイギリスに初めて紅茶を輸入して販売したことで知名度も紅茶の歴史も深いブランドといえば「東インド会社」。

当時の会社そのものではありませんが、今の会社が当時の紋章などを許可を得て引き継いでいます。17世紀当時の紅茶を味わえるブランドです。

そして、もうひとつご紹介したいのが紅茶も飲みたいけど日本茶も好き!というひとにおすすめの「ルピシア」というお店です。レピシエという会社がルピシアに変わりました。いろいろな茶葉が揃うお茶の専門店です。

紅茶もブレンドティーが豊富にあり、フレーバードティーも充実しています。そして紅茶だけではなく、緑茶や抹茶、ウーロン茶などの種類もたくさん取り扱っていて、お茶好きにはたまらないお店です。

お茶のお店は新商品や気になったお茶を試飲させてもらえるところも多いです。とくに個性の強い茶葉を選ぶときには、必ず試飲させてもらえるお店を選んで買いましょう。

また店員さんにしっかりとお茶の知識があり、飲みたいシーンや好みに適した茶葉などをアドバイスしてくれるようなお店を選ぶと失敗が少ないです。

お茶のブランドは紹介したもののほかにもまだまだたくさんあります。

立ち寄ったお店で何気なく買った茶葉が運命の出会いだったなんてこともあるので、いろんな銘柄を試してみて好みに合った一杯を探してみてくださいね。